部屋に植物を飾ってリラックス♪

観葉植物で快適な部屋に

水やりが少なくて済む人気の観葉植物は

普段から仕事等で忙しく、植物栽培が好きであるにも拘らず観葉植物に手が出せないというケースは良く見られます。
確かにこれらの植物の中には普段から大量の水を好む種類も多く、だからと言って水受け皿に水を常に溜めた状態では根腐れを起こしてしまう等大変デリケートなものなのです。
その一方、育成中でも殆どまとまった水やりを必要とせず、それでいて十分インテリアとして役に立ってくれる観葉植物が人気を集めています。
アナナス等いわゆるエアープランツと呼ばれる種類、あるいはサボテン等多肉植物の仲間がそれに当たります。
前者は中空に株を裸の状態で吊るしておくだけで成長する面白さが、また後者は年に一回見事な大輪の花を咲かせる事で人気が高く、愛好家も数多くいます。
ただ共に適度な日照を好むため、部屋の中でも置き場には十分注意して管理する必要があります。
もちろん全く水やりが必要無いという事は無く、特にサボテンの仲間は成長期であれば1週間に1回はごく軽く水やりを行った方が良いのです。

水の世界も同時に楽しめる水生の観葉植物が人気に

涼を呼ぶ一風変わった観葉植物として、水生植物が人気となっています。
丸く可愛い葉の他に艶やかな花が魅力的なスイレンやハスの仲間を始め、ユニークな葉茎の形が楽しめる数多くの種類があります。
育て方としては専用のかめや鉢の中に用土と水を張り、これらの植物を植え栽培します。
比較的大型になる種類は玄関や軒先で伸び伸びと育てられる他、小型の種類は室内で育て部屋のインテリアとしても楽しめる等、個人のライフスタイルに合わせた種類選びが出来るのも人気の秘密です。
現在ではこれらの中でもスイレン等入門種を一から育てられる栽培キットが通販園芸ショップを通じて入手可能となっており、誰でも気軽に栽培に挑戦出来ます。
また完全に水中で生育する種類は金魚や熱帯魚といった水生生物と共に観賞可能な種類が多数あり、アクアリウムを演出する1アイテムとしても極めて重要な存在となっています。
自宅の内外に水と緑の世界を同時に創り出したいのであれば、これら観葉植物の組み合わせが極めて有効となる事でしょう。

Last update:2015/12/22

COPYRIGHT(C)Green TranquilityALL RIGHT RESERVED