部屋に植物を飾ってリラックス♪

観葉植物で快適な部屋に

観葉植物に虫がつかないようにするためには

観葉植物は癒されますし、育てている方も多いのではないでしょうか。
植物も生き物なので水を与えるのが多すぎたりすることで根が腐ってしまったり、病気などが発生して枯れてしまうこともあります。
さらに大敵なのは虫がついてしまうことです。
観葉植物の種類によって対策は若干異なりますが、虫の発生を事前に予防するためにはどうしたらよいでしょうか。
一旦発生してしまうと駆除するのが難しく、植物が枯れてしまう原因になります。
まずは発生させないことが大前提なのですが、いくつか予防方法があります。
まずは土の選び方です。
自然の土ですと最初から虫がいることがありますので、水耕栽培が可能な観葉植物であれば土を使わないという選択をすることができます。
また土を適度に乾燥させておいたり、葉が密集してきたら適度に間引きし風通しを良くすることも大切です。
ベランダなどの屋外で育てることをやめて、室内で育てることにより予防することができます。

観葉植物の虫の対策をする

部屋やオフィスのイメージを守るためにも観葉植物の利用をしているという人も多くいるのではないでしょうか。
普通の植物に比べてかなりまとまった仕上がりとなっていますし、長く枯れることなく利用をすることが出来るものになっていますので、以前からも多くの人が利用をしているものになっています。
しかし、枯れることがないとはいっても植物になりますので管理が甘かったりすると虫がきて葉っぱなどを荒らしてしまうということになります。
そうなると、観葉植物としての存在価値が薄れてしまいますのでどうにかして対策をするということが必要なことになります。
虫については防虫剤の利用をするということによってある程度の効果を生むことが出来ます。
観葉植物は丁寧に育てて管理をすることによって、長持ちをさせることが出来ますので普段から気を付けておくようにしましょう。
このようなことから、多くの人や場面に適用をされているものとして普及をしています。

2015/12/22 更新

COPYRIGHT(C)Green TranquilityALL RIGHT RESERVED